先日おばあちゃんの四十九日法要があり、実家へ帰りました。


…わたしは実家へ帰ると、なぜか嫌な気持ちになって不機嫌になってしまいます…

生まれ育った場所で、本来なら安心できるはずなのに、おかしな話です。


先月より、クリスタルについて学ぶため、ある講座に参加しています。

(この講座に関しては、また改めてお話させていただきますね)


だからなのか、いろいろなクリスタルたちが手元に集まってきています。

それらは、今までわたしが興味を示さなかったものが大半なので、ちょっとびっくりしているのですが…


そんなクリスタルたちの影響なのが、ふと気付いてしまいました。

“わたしは、ずっと母に認められたかったのだと”


わたしには双子の姉がいます。

姉は赤ちゃんの頃から気難しかったようで、母以外からミルクを飲まなかったそうです。

手がかかる子だったのでしょう。


その反面、わたしは誰に抱っこされても笑っていたし、誰からもミルクをよく飲んだそうです(笑)

祖父母が同居していたこともあり、必然的にわたしは祖父母に面倒を見てもらうことになりました。


母はいつも姉のことを気にかけていて、わたしのことはあまり気にしていないようでした。

もしかしたら、勝手に自分がそう思っているだけで、実際は違ったのかも知れませんが…


姉が家を継ぐために婿養子をもらってからは、ますますその傾向が強くなったように思います。


わたしは結婚後も仕事を続け、子供を産んで育てるよりも、自分のしたいことを優先してきました。


もしかしたらそれも、母は気に入らなかったのかも知れません。


母は結婚後は専業主婦となり、ずっと家にいましたが、まさに今の姉の状態がそれなんです。

娘が自分と同じことをしてくれたら、これまでの自分の人生を肯定されてもいるようで安心するのかも。

わたしはこの真逆をやっていますからねぇ(笑)


母の気を引きたくて、勉強も仕事もがんばってきました。

姉よりも優位に立ちたかったんです。

でも、いくらがんばったところで、母の関心はいつも姉にあるように感じられました。


認めてもらえない、関心を持ってもらえない…

その想いが、これまでずーっと心の中でくすぶり続けていたんですね。


これが、実家に帰ると不機嫌になる、根本的な原因だったようです。



それでも家族だから、会わないわけにはいかない。

ましてや、父やおばあちゃんの法要がこれから何年か続くのですから。



久々に、ブラックで嫌なまきさんが出てきました(笑)


姉はわたしを頼りにしてくれているし、気にかけてくれているというのに、ほんま性格ワルです。


でも気付けただけでも、心のモヤモヤが少し晴れたようです。

気付かないままだったら、このままフォースの暗黒面に堕ちてしまったかも知れませんし。


そんなこんなで、もうがんばるのはやめます。


自分の

気持ちや想いを

大切に

したいと思います。




今日12月12日は父の誕生日。

あのまま変わらずいてくれていたら、69歳になる日でした。

 

ゴルフとおしゃれが大好きだったお父さん。

年齢よりも若く見えたし、しょっちゅうあちらこちらに出かけていたので、

80歳までは元気でいてくれるだろうと、根拠もなく勝手にそう思っていました。

 

今月末には百箇日を迎えます。

時の流れと同じで、人が亡くなってからの時間の流れもとても早いです。

 

もっといろいろなところへ遊びに行きたかったし、話もしたかったな。

 

退院したら広島へ行きたいとも言っていました。

単身赴任で3年ほど広島にいたので、父にとっては第二の故郷のようなものだったのかも。

 

その願いを叶えてあげられなかったことが、とても悔やまれます。

 

 

ふと思い出して寂しくなりますが、楽しいことが大好きだった父なので、

わたしも見習って、毎日の中にたくさんの楽しみを見つけたいと思います。

 

直接伝えることはできなくなったけど、お父さん、誕生日おめでとうケーキ

 

 

 

 

昨日はATCで開催されている「OSAKAアート&てづくりバザール」へ

taeさんと一緒に行ってきました。

 

知り合いの作家さんが出展されていたのと、

だんなさんへバイク用のキーケースをプレゼントしたかったのでスマイル

 

 

11時すぎに会場に到着すると、すでにたくさんの人で賑わっていました。

 

1000名を超える作家さんたちが集まり、オリジナリティ溢れる作品がいっぱい!

これだけの数だと、お目当てのものを探し出すのも一苦労なのですが、

それがまるで宝探しのようで、とっても楽しかったですハート

 

 

会場内をさんざん歩き回って見つけました!

このようなスマートキー用のキーケースって、意外とないんですよね。

 

 

こちらは天然木で作られたボールペン。

木の特性とハンドメイドということから、1本1本、微妙に握り心地が違うんです。

 

数ある中から自分用に選んだものは、アサメラという木で作られたこちらの1本。

とても握りやすくて、書き心地も抜群ですスマイル

インクがなくなれば市販の替芯で代用できるので、ずっと大切に使おうと思います。

 

 

柴犬に魅了されて買いました(笑)

裏表にイラストが書かれているのですが、この意味がわかりますか?

犬も歩けば棒に当たる…ということらしいです(笑)

 

taeさんもご自分のショップ用に、撮影用の小物やプライスカード、

ロゴ入りのオリジナルハンコを作ってもらったりと、とても楽しそうでしたよスマイル

 

 

お目当てのものすべてが手に入り、大満足で帰りの電車に乗り込みました。

けれども、最後の最後にも素晴らしい出会いが待っていたのです。

 

地下鉄からJRに乗り継ぐ際、駅の構内に貼られたポスターが目に飛び込んできました。

そこには「天然石・水晶」と書かれていたからです。

 

taeさんに「こんなお店があるんやね」と言うと、

「ここからめっちゃ近いよ!行ってみよう!」ということになり…

 

駅から歩いて5分ほどのところに、そのお店はありました。

店内にはたくさんの天然石や鉱物、原石が置いてあり、またもや軽い石酔い状態に…

 

 

そして見つけました!素晴らしいガーデンクォーツ。

 

ガーデンクォーツはいつかは迎え入れたいと思っていたのですが、

それがまさか、こんなふうな思いもよらない形になろうとは…

 

ほんと、クリスタルとの出会いって、こんなふうなんですよね。

ほしいと思って探しに出かけても、出会えないときには出会えないのですから。

 

先のATCでも、手磨きのアイリスクォーツをお嫁にもらいました。

この日は水晶たちに引き寄せられる、そんな日だったのかも知れませんね。

 

 

少し帰りが遅くなって、急いで家に帰ると、まめが首を長くして待っていました(笑)

まめはわたしの顔を見るなり、うれしかったのかおもらしをしてしまい…汗

 

掃除をしている間に、だんなさんが仕事から帰ってきました。

 

キーケースをプレゼントすると、とても喜んでくれましたよスマイル

革はしっかりしているし、シンプルで使いやすそうだと気に入ってくれましたクローバー

 

 

この日は、素晴らしいものとの出会いに恵まれた一日でした。

たくさんの作家さんの作品を拝見し、手作りならではの温かさとオリジナリティを、

自分の作品にも取り入れていきたいと思いました。

 

クリスタルを通してご縁をいただいた方に笑顔になっていただくこと…

それがわたしのアクセサリー作りのモットーですスマイル

 

 

✽Webショップ✽ Crystal Woods

✽Instagram✽ https://www.instagram.com/crystal_woods_macrame/

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM