沖縄滞在6日目。

楽しかった沖縄での滞在も今日が最終日です。

 

ホテルをチェックインした後、今回の旅でお世話になりっぱなしだった

マリンサービスむるぬーしさんへ向かいました。

 

というのも、前日のダイビングの際、船に水筒を忘れてきたんですね汗

 

お店では、イケメンインストラクターのさんぺーさんと、

エブリデーホリデーのあゆみちゃんが待っていてくれました。

 

 

「はい!」と手渡されたものは、50本を記念した手作りのメモリアルプレートハート

まさかのプレゼントに、うれしくって涙が出そうになりました・・・泣く

 

沖縄は7月に入ると、一気にお客さんが増えます。

ただでさえ諸外国からのお客さんも多いというのに、それに拍車がかかり、

まさに沖縄のどこへ行っても、観光客でごった返しているという状態に・・・

 

そうなると当然、マリンレジャーを提供するショップ側もてんやわんやになります。

申込の受付と確認、ゲストの送迎、器材類のメンテナンス、スタッフの配置など、

やらなければならないことは山ほどあり、遅い時間までお店にいることも珍しくありません。

 

そんな中で時間を見つけ、わたしたちにこんなに素敵なものを作ってくれたのです。

きっと、ローテで仕事をしているだけだったら、出来ないことだと思うんですよね。

 

またひとつ、素敵な宝物が増えました。

 

 

お店を後にして、平和祈念公園へと向かいました。

 

実は、毎年毎年20年も沖縄を訪れているというのに、この場所を訪れたのは初めてでした。

何か理由があるわけではないのに、なんとなく足が向かなかったのです。

 

公園内はとても綺麗に整備されていましたが、わたしたち以外のお客さんは皆無で、

その静けさがなぜか、虚しくも、悲しくも感じられました。

 

日射しは強烈で猛烈な暑さの中、広い公園のどこへ行けばいいのか迷っていると、

園内を走るバスを運転しているおじさんが声をかけてくれました。

 

園内の説明をしながら、摩文仁の丘にある平和の礎(いしじ)まで連れて行ってくれました。

 

これまでテレビでしか見たことがなかった刻銘碑。

ご存知のように、その碑には、国籍や軍人、民間人の区別なく、

沖縄戦などで亡くなられたすべての人々のお名前が刻まれています。

その数は20万人以上にのぼります。

 

この碑がある一角はとても広くて、そんな広い場所に20万人以上のお名前があるのです。

戦争で犠牲になられた方々の数がいかに多いのか、その場所に立つだけでわかりました。

 

 

沖縄は昔も今も、数多くの課題や問題を抱えていると思います。

 

テレビやニュースで、いろんな方々のいろんなお話や意見を聞きますが、

その度に、わたしはどうしたらいいのかわからなくなってしまうのです。

 

自分なりの考えを持ちたいと思っても、どう考えればいいのかわからない。

意見のぶつかり合いで起こる争いを見て、ただただ途方に暮れるだけなのです。

 

そんなことでは何も変わらないと思っても、考えれば考えるほどわからなくなってしまう。

 

 

小学校の卒業文集で、わたしは「沖縄」について綴っていました。

 

こんな頃から沖縄に興味があったのかと、不思議な気持ちになったのですが、

戦争や平和について、子供のわたしが一生懸命に考えたことが綴られていました。

 

 

「世界中を平和にするには、一人一人が真実を大切にし、

 ちょっとやそっとじゃだまされない、人間にならなければならないと、思う。」

 

これは未来のわたしへ向けたメッセージだったのかも知れませんね。

 

大切なことほど、真実ほど、隠され、秘密にされてしまうのかもしれません。

どうすればわからなくとも、溢れる情報に左右されず、言い方は悪いですが騙されず、

その中から真実を見つけていくのが、何よりも大切なことなのかも知れません。

 

奇しくもわたしの誕生日である7月2日は、

米軍による沖縄での作戦の終了が宣言された日でした。

 

今回は飛行機の時間がいつもより早く、あまり時間がなかったので、

次に沖縄に来た時は平和祈念資料館をゆっくり見学しようと、だんなさんと約束しました。

 

もうひとつの沖縄の姿。

しっかりと胸に焼き付け、わからない自分なりの考えを持ちたいと思いました。

 

 

台風3号の影響が心配されましたが、無事に飛行機は飛び立ち、

思ったほどの揺れもなく、定刻通り、無事に帰着することができました。

 

すべてにおいて、守護(まも)られた旅であったと感じます。

 

 

来年も再来年も5年後も10年後も、沖縄を訪れることができますように。

その場所で、変わらぬ笑顔と海に会えることができますように。

その場所に住む人々の笑顔が、決してふたたび失われることがありませんように。

 

そしていつの日か、世界平和の願いが届きますように。

 

 

沖縄滞在記2017(2017.6.29 〜 2017.7.4)Fin

 

 

 

沖縄滞在5日目ハイビスカス

台風3号が沖縄本島の東側を通過していきました台風

 

今日のダイビングは無理かと思いきや、思いのほか海況は良いらしく、

恩納漁港から乗船し、1本目のポイントへと向かいました船

 

 

やって来たのは、恩納村・恩納ポイント。

たくさんのクレバスが巨大迷路のようになっていて、地形が楽しめるポイントです。

 

本日のメンバーは、イケメンインストラクターのさんぺーさんハート

そして、不思議なご縁で毎年いつも再会する、Yさんファミリーの総勢6名ですスマイル

 

(さんぺーさんの代わりに、かおりちゃんが写真に入ってくれました)

 

 

さんぺーさん曰く、このポイントにはイースター島に行かずとも、

モアイ像を見ることができるということなのですが・・・

 

 

 

期待に胸を膨らませ(笑)、迷路のような地形を楽しみながら進みます。

 

 

そして到着!

えっビックリビックリ こ、これがモアイ!?

・・・言われてみれば、そう見えなくはありませんが汗

 

 

モアイ像の前で記念撮影カメラ

が、砂を巻き上げてしまって、何がなんだかよくわかりません汗

 

後から写真を見ると、肝心のモアイよりも、

さんぺーさんの「モアイ」という文字の方がツボにハマりました(笑)

 

 

ミナミハコフグの幼魚やハート

 

 

コブシメの子供もいましたイカ

 

 

そしてこのダイビングで、だんなさんは潜水トータル50本目を迎えました拍手

 

 

この後いったん港へと戻り、少し休憩をとってから2本目のポイントへ。

 

今年の沖縄は、わたしたちにとっては少し特別なものでした。

 

結婚15年目を迎え、新婚旅行で訪れたのも沖縄でしたし(厳密には石垣島ですが)、

ダイビングを始めて10年目、通算潜水50本まであと10本のところまできていました。

 

今日のこの2本目のダイビングで、今度はわたしが50本目を迎えることに。

その節目となるダイビングは、ずっと潜りたいと願っていた”ある場所”で叶いました。

 

その場所は、万座・ミニドリームホール。

 

万座にはかの有名な「万座ドリームホール」があります。

ダイビングを始めた頃からドリームホームに憧れていて、太陽が織り成す光のカーテンや

幻想的な魚影の姿を、この目で見てみたいとずっと思っていました。

 

そしてその名の通り、願いごとをすると叶うとも言われている場所です。

 

ただ、ドリームホールはやや上級者向けのポイント。

このミニドリホは本家のドリホと比べて水深が浅いため、上級者でなくてもOKとのこと。

 

そのことを聞いてから、ずっとずっとこの場所に憧れ続けていました。

 

むるぬーしさんに、50本目のダイビングはこの場所でやりたいとリクエストしていました。

さすがはむるさんです、そんなわたしの願いをちゃんと叶えてくださいました!

 

 

これがミニドリホの入口です。

この岩の間をまっすぐに、およそ20mの深さまでゆっくりと慎重に潜降していきます。

 

 

さんぺーさんが真下から、潜降しているわたしの姿を写してくれました。

 

 

 

海の中は別世界。こんなにも美しい場所が、そこにはあるのです。

 

 

可愛い生き物たちにも出会えました。

こちらは優しいブルーをしたミゾレウミウシさん。

 

 

こちらはクロスジリュウグウウミウシさん。

 

 

このラブラブなイボウミウシさんたちは、なんと交尾中!

 

 

憧れ続けた場所で、節目となる50本目を迎えることができました。

 

 

ショップに戻ると、あゆみちゃんがこんな素敵なものを作って待ってくれていましたハート

 

 

これにて、今年のダイビング修行の日程はすべて無事に終了しました。

 

これまで、こんなにも長い間、沖縄に滞在することはなかったし、

また、こんなにもダイビングを楽しめたことはありませんでした。

 

明日には沖縄を離れることになりますが、寂しいという気持ちよりも、

またこのしあわせな気持ちを味わうために、いろんなことをがんばろうという気に・・・

 

沖縄入りするまでは、ちょっぴり体調が優れなかったのに、毎日毎日、強い日射しを

浴びて海で遊んでいたにも関わらず、いつの間にか元気を取り戻していました。

 

やっぱり沖縄は、わたしたちにとって元気になれる場所。

そして、本来の自分に戻ることができる、貴重な場所なのかも知れません。

 

この場所でいただいた素敵なご縁、たくさんの笑顔、おいしい食べ物、

海が見せてくれる素晴らしい景色や表情、そこに住む生き物たち・・・

 

わたしの心の中には「ありがとう」という感謝の想いしかありませんでした。

 

 

〜続く

 

 

 

沖縄で迎える4日目の朝太陽

空を見上げると、元気いっぱいの太陽がきらきらと輝いていましたキラキラ

 

沖縄での滞在もいよいよ折り返しを迎えます。

そしてこの日は、わたしにとっての特別な一日。

そうなんです、大好きな沖縄で誕生日を迎えることができたのですクローバー

 

 

ダイビング修行も3日目となれば、だんだんと落ち着いてくるもの。

本日の1本目は、残波岬・Wロックへと向かいました船

 

こちらのポイントも、残波ならではの地形が楽しめます。

 

 

今日のガイドは、インストラクターのあゆみちゃんハート

とってもキュートで可愛らしいですスマイル

それにしても、ヒトデっていったいどんな味がするんやろ・・・

 

 

太陽が元気だと、海の中も明るく元気になります。

 

 

またまた見つけました!ソライロイボウミウシさんハート

 

 

巨大すぎるウツボも発見電球

岩の合間から、こちらをじーっと見ていました。

鋭い歯を持っているので、噛まれたりなんかしたら大ケガをしてしまいます。

 

海の中の生き物には、やたらと近づいたり触ったりしないことです。

知識もないままそのような行動を取ると、重大な事故に繋がりかねません。

 

海の中は、本来ならば人間が近寄ることができない場所。

よそ様のお宅にお邪魔させてもらっているつもりで、

そこの住人たちには最大限の敬意を払うべきだと思うのです。

 

 

 

なんとなんと、ナポレオンフィッシュが姿を現してくれました!

 

 

あっという間に姿は見えなくなってしまいました。

こんなときも、絶対に深追いをしてはいけません。

 

 

ちょっとわかりにくいですが、しっぽが黄色のキホシスズメダイさん。

 

 

ダイバーのシルエットが幻想的でとても綺麗ですね。

 

 

船を走らせて、2本目のポイントである残波岬・コオリザンパにやって来ました。

昨日も潜った、アーチにトンネル・ドロップオフの地形が楽しめるポイントです。

 

 

 

洞窟の穴のような場所をくぐって海底探検。

 

 

全身が毛むくじゃらのオラウータンクラブさんカニ

体全体にサンゴについている藻をくっつけて、周りの藻と擬似しているそうです。

ユニークな姿がとっても可愛らしいハート

 

 

お馴染みのセジロクマノミさんクマノミ

カメラを向けると、きっちりと正面を向いてくれました(笑)

そばにちっちゃい子がいたので、これはもしかしたら威嚇しているのかも?

だとしたら、驚かせてしまってごめんなさい・・・

 

 

この日のお昼ごはんも、都屋漁港にある海んちゅ食堂へ。

 

昨日の船酔いの経験から、どうやらわたしは固形物を食べ過ぎてしまうと

気持ちが悪くなってしまうようです・・・

インストラクターかおりちゃんのアドバイスもあり、今日はゼリー飲料だけで済ませました。

 

一緒に潜った方たちはお刺身定食などを楽しんでいて、とても美味しそうでしたはなまる

 

 

3本目のポイントは、残波・イナンビシ。

ソフトコーラルが広がる、癒し系のポイントです。

 

そしてここには、たくさんのナマコがいるらしく・・・

 

 

あゆみちゃんが数種類のナマコたちを集めてきてくれました汗

 

 

誕生日だったので、あゆみちゃんがバイカナマコをプレゼントしてくれました汗

なんだか、食パンのようですねぇ(笑)

 

このバイカナマコは安全ですが、ナマコの仲間には強い毒性を持つものもあります。

当たり前ですが、うかつに触ることは厳禁です。

こんなふうに安心して海の生物を触れ合えるのも、

しっかりとした知識を持つガイドさんがいるからこそなのです。

 

 

ここにもソライロイボウミウシさんがいらっしゃいました。

 

 

サンゴも綺麗でしたキラキラ

 

 

たくさん楽しめた、3日目のダイビング修行はこれにて終了。

ただひとつ、反省すべき点が・・・

 

通常エグジットの際は、ガイドさんの誘導によりひとりずつ浮上して船へと戻ります。

それなのに、3本目のエグジットで、あゆみちゃんが誘導していないのに、

浮力のコントロールができず、わたしは勝手に浮上してしまったのです・・・

 

急にわたしの姿が見えなくなって、あゆみちゃんもだんなさんも海中でびっくりですビックリ

少し濁っていたこともあり、余計に視界が悪い中、必死で周辺を捜索してくれたそうです。

 

海面で「びっくりした!まきさん、どこに消えたかと思った」とあゆみちゃんが言ったとき、

一番やってはいけないことをやってしまったと、猛反省でした。

 

心配をかけるのは、レクリエーションダイバーが一番やってはいけないこと。

今後はこんなことが起こらないように、浮力コントロールをしっかり身につけたいです。

 

 

船の上では、一緒に潜った方たちが誕生日を祝ってくれました。

初対面の方々がほとんどだったのに、あたたかい歓迎ぶりにうれしくてたまりませんでした。

 

 

夜は読谷村にある 味処 酒処 一心 にて、ご一緒した方たちと大いに盛り上がりましたスマイル

 

 

 

ここでも皆さんから、お誕生日のお祝いをしていただきました。

 

 

店主の三線ミニライブもめっちゃ楽しかった笑顔

 

そんなふうにして、とてもしあわせな一日が過ぎていきました・・・

 

 

ほんとうに、今まで生きてきた中で一番しあわせな誕生日でした。

 

 

大好きな沖縄で迎えた誕生日。

大好きな沖縄の海の中でお祝いしてもらった誕生日。

そして、たくさんのはじめましての方々からお祝いしてもらった誕生日・・・

 

 

こんなに素敵な誕生日を迎えることができて、とってもとってもしあわせでした。

この日の思い出は、ずっとずっとわたしの心の中で輝いていることでしょう。

 

この日を一緒に迎えてくださった皆さん、ほんとうにほんとうにありがとうございました!

 

 

素敵な今日に続いている明日は、どんな素敵な一日になるのでしょうか?

明日のダイビングは、ちょっとしたメモリアルダイビングになる予定です。

 

 

〜続く

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM