長い年月をかけて地球が育んだクリスタルたち。

 

産地や含まれる鉱物のバランスによって、色や形・透明度などがさまざまに変化します。

ひとつとして同じものはなく、それぞれの個性を持ち、輝きを放っています。

それはまるでわたしたち(人間)のようで、とてもよく似ているのかも知れません。

 

そんな個性溢れるクリスタルを生み出すのは、地球の為せる業。

地球にしか出来得ないことですよね。

クリスタル物語・第一章の幕開けです。

 

クリスタルのほとんどは鉱山で眠っています。

まだその時点では、名前すらない。

その鉱山を発掘し、さまざまな石が発見されて、そこに固有の名前が与えられます。

名前を与えられた石たちは、丁寧に研磨されることによって輝きを得ます。

 

ただの石を宝石としての価値に高めるのは、わたしたち人間の為せる業。

わたしたち(人間)にしか出来得ないことです。

ここで、クリスタル物語・第二章が始まります。

 

丁寧に研磨され、形が整えられたクリスタルたち。

職人たちの手によって、やがて素晴らしい宝飾品(アクセサリー)へと姿を変えます。

クリスタル物語・第三章です。

 

 

クリスタルには最初から、その持ち主が決まっていると言われています。

わたしは彼らにドレスを仕立て、その持ち主となる方とを引き合わせたい。

 

あなたがとても心惹かれるクリスタルがあったとしたら…

あなたの心にピン!と響くクリスタルがあったとしたら…

 

そのクリスタルの持ち主は、もう最初から決まっているんですよ。

そのクリスタルとともに、笑顔溢れる毎日を過ごしてほしいと願っています。

 

その毎日こそが、クリスタル物語・第四章となるのだから。

 

 

 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM