一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

11月より伊藤麻美先生のもとでクリスタルについて学んでいます。

 

これまでわたしにとってのクリスタルは、どちらかと言えば直感的で、

スピリチュアルなものであり、天使やスピリットと同じような存在でした。

 

そんなふうに捉えていたクリスタルを、麻美先生は科学的かつ論理的に捉え、

その周波数がわたしたちの肉体や精神にどのような影響を与えるのかということを

臨床データーや鉱物学的な面からアプローチし、学び教わっているところです。

 

はっきり言って・・・

目からウロコのお話ばかりでしたが、最初はとても戸惑いました汗

なぜって、そんな観点からクリスタルを理解しようとしたことがなかったからです。

 

そもそも不思議な力を宿したクリスタルたちなのだから、

そんなふうに検証することは、ある意味ナンセンスなようにも感じられたし、

自分が惹かれる、好きなクリスタルを選べばいいやん!とも思っていました。

 

でも、ただ「好き」なだけではいけないのだということもわかってきました。

 

麻美先生のところにいるクリスタルたちは、原石のものが多いです。

色も形も自然なままで、え!これがあの石なん?!というものばかり(笑)

 

わたしがこれまで扱ってきたクリスタルたちは、アクセサリーとして扱いやすいように、

ラウンドやオーバル・ドロップなどといった、成形されたものがほとんどでした。

 

そしてアクセサリーとして身につけたときに、その美しさが際立つように、

染色や放射線処理・熱処理を加えたものがほとんどだったと思います。

 

このように人間が手を加えてしまうと、石そのものの周波数が変化してしまうので、

その石が本来持っているパワーなども変化してしまうのも当たり前のことです。

 

だからと言って、原石をアクセサリーにしようとしても、大きさ的に無理があったり、

何よりも”アクセサリーとして”の美しさを感じないかも知れません。

 

ここのところが、大きな悩みのひとつとなってしまったのも事実なのですが、

”ヒーリングとしてのクリスタル”と”アクセサリーとしてのクリスタル”は

まったく別物として捉えればいいのではないかと思ったのです。

 

わたしはきっと、ちいさくてきらきらしている美しいものが大好きなのでしょう。

 

それなのに、ガラスやビーズにはそれほどの興味がわかないのは、

周波数が変化したとは言え、やはりクリスタルには不思議なパワーが宿っているから。

 

今までももちろんそうなのですが、わたしが扱うクリスタルたちは、

信頼のおけるショップのオーナーさんから仕入れさせていただいています。

 

産地や処理の有無については、わかる限り記載させていただきますし、

作品の紹介においても、クリスタルの伝承やパワーについてもお伝えさせていただきます。

 

 

学びが深まると一時的に混乱することもありますが、

ひとつのことをいろいろな角度から見ることは、何事においてもとても大切なこと。

 

気持ち新たに、これからもクリスタルと密接に関わっていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

  • -
  • 11:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM