マクラメ編みを始めて間もない頃、友人がひとつのジュエリーを迎え入れてくれました。

深いグリーンが印象的なマラカイトのペンダント。

ドレスがというよりは、このクリスタルにとても心惹かれたそうです。

 

マラカイトと言えば、大天使ラファエルに繋がるクリスタル。

ラファエルという名前には「神は癒された」「天の医者」という意味があり、

いわば天使界のヒーラーとも言える存在です。

 

以前に仕立てたドレスが、今のわたしからはとても違和感を感じたので、

思い切って仕立て直すことにしました。

友人も快くOKしてくれたので、しばらくの間お預かりすることに…

 

雨の日も風の日も眠るときも、いつも身に着けてくれていたそうです。

なので、早く仕上げたかったのですが、どういうわけかまったく納得のいくものが編めず…

頭の中にはちゃんとしたイメージが出来上がっているのに、それを具現化できないのです。

 

友人に、もうしばらく時間がほしいことを伝えると…

「ゆっくりでいいよ!納得のいくまで編んであげて。きっと彼女は”里帰り”してるんやわ。

 わたしに癒しを与えすぎて休養が必要なんやわ。

 納得のいくものが編みにくいのは、そのせいかもよ?」と。

 

そうか、そうなのかも知れないな。

わたしもスギさんを1か月もほったらかしにしてたもんな(笑)

ゆっくりと、納得のいくドレスを仕立てようと思いました。

 

それからわずか数日後、あんなに停滞していたというのに急にサクサクと制作が進み…

ようやく新しいドレスが出来上がりました!

 

 

マラカイト自身も、ずっと一緒にいたご主人さまのことが気になって仕方がなかったのかも。

早く帰りたくて、なかなか作業が進まないわたしに力を貸してくれたのかも知れません。

 

これからもふたりで仲良く、笑顔いっぱいの毎日を過ごしてくださいねスマイル

 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM