だんなさんから聞いて、ぜひ会いに行きたいと思った桜の木があります。

それは、奈良県宇陀市にある、樹齢300年とも言われる”又兵衛桜”。

大阪夏の陣で活躍した戦国武将・後藤又兵衛ゆかりの桜の木です。

 

又兵衛がここ宇陀市へ落ち延び、僧侶となって一生を終えたという伝説が残り、

この垂れ桜が残る地も、後藤家の屋敷跡なのだそうです。

 

その又兵衛桜に会いに、だんなさんと両親と一緒に訪れることにしました。

 

 

 

 

 

 

まさに圧巻でした。

その美しさに思わず言葉を失ってしまうほどでした。

これまで生きてきて、これほど大きく、立派な桜の木は見たことがありません。

 

 

 

桜の木のまわりには、ピンクが鮮やかな桃の花や、可愛らしい黄色の水仙も咲いていました。

 

 

この地で300年という長い間、春になると毎年欠かさず美しい花を咲かせる。

桜にとってそれは当たり前のことで、特別なことではないのかも知れません。

でも、その姿にわたしたち人間は感嘆の声を上げ、その姿を美しいと愛でる・・・

 

そんな桜の木のように生きることができたら、とっても素敵なことですよね。

 

又兵衛桜さん、お会いできて光栄でした。

来年もまた、絶対に会いに来ますね。

 

 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM