カテドラル水晶&レインボームーンストーンのマクラメジュエリーを

迎え入れてくださった方より、とっても素敵なお便りが届きました。

 

とても深い内容のものだったのですが、ブログへの掲載をご快諾くださったので

皆さまにもご紹介させていただきます。

 

過去世に繋がる記憶を、お届けしたクリスタルとともに辿ってくださったことを

大変うれしく思いました。

 

-----------------------------------------------------------------------------------

 

こんばんは。

 

今日は、まきさんから私のところへ一目惚れできてもらった、

カテドラル水晶とブルームーンストーンのマクラメジュエリーペンダントを胸に、

ディズニーの「モアナと伝説の海」を見てきました。

 

きっと、海を越えてきた過去世があるんだと確信しました。

私は、ずっと以前からムー大陸とかに興味があったのです。

 

夢で友達の家に遊びに行く途中で、津波のようなものに巻き込まれて逃げました。

気がついたら、おばあちゃんの家の前に立っていました。

(友達とおばあちゃんの家は20km以上離れています)

 

屋根の上には、津波にのまれてはぐれた友達と、もうふたり、友達が座っていました。

 

その中のひとりの友達が「ゆっくりだったね。待っていたわ」と、

屋根の上からしゃべりかけてきたとき、私は自分が死んだことに気づき、

私の方が長生きしたんだと、なぜか心で感じたんです。

 

夢を見た後日、波に一緒にのまれて亡くなった友達に、

「私とあなたはムーの一族よ。昔、波にのまれて・・・」と、真剣に話す私を見て

「職場では話さないほうがいいよ」と、静かに優しく諭してくれました。

 

その友達とは、たまにしか会わなくても心は近い感じがするのです。

私がピンチのときにメールをくれたり、いろいろなサポートをしてくれました。

 

そんなこともあり、何かの気づきがあるかも知れないと期待して、

新月の日に映画を見に行ったのです。

(過去世ヒーリングセミナーの先生のお薦めの映画だったのです)

 

「ほんとうのあなたにかえるのよ」と、モアナが額を溶岩の怪物の顔にくっつけて、

愛を込めて「心」を返したとき、涙が溢れて止まりませんでした。

 

勇気と愛に溢れるモアナ。

海から選ばれたことを戸惑いながらも、自分の使命に気づいたモアナ。

 

亡くなったおばあちゃんや、勇敢に海を越えたご先祖様の魂と奥深くで繋がり、

なぜ珊瑚礁を越えて外の世界へ行きたかったのか、そのすべてを理解したモアナ。

 

自分に正直に生きることが、自分の幸せなのだと確信したモアナに感動しました。

 

先日、過去世ヒーリングで偶然お会いした、懐かしい瞳と声の京都の男性は、

この時代でも繋がりがあったんだということも分かりました。

 

ジュエリーと映画の相乗効果で、過去世が解放されたような気がします。

 

とりとめもなく、長くなってしまいました。

素敵なジュエリーをありがとうございました。

 

-----------------------------------------------------------------------------------

 

お便りをくださった方と初めてお会いしたのは、今から6年ほど前のことになります。

ワークショップにご参加くださったことをきっかけに、ご縁をいただきました。

 

この方も遠く離れた場所に住んでいらっしゃるので、

もう何かのご縁で繋がることはないかも知れないと感じていました。

 

なので、お申し込みメールの中に懐かしいお名前を見つけたときは、

とってもとってもうれしかったです。

 

この「モアナと伝説の海」は、素晴らしい映画のようですね。

特に、海に魂の繋がりを持つ方々にとっては、たまらない映画のようです。

 

わたしも海と繋がりが深いのですが、この方とふたたび繋がれたのも

きっと、海とクリスタルの働きかけがあったからなのでしょう。

 

迎え入れてくださったカテドラル水晶は、アカシックレコードに繋がる役割を

果たすとされるので、ご自分の過去世に繋がられたことも不思議ではありません。

 

涙とともに過去世が解放され、素敵な気づきを受け取られたこと。

そしてその貴重な体験を、お届けしたクリスタルと分かち合ってくださったこと。

ほんとうにありがとうございました。

 

『自分に正直に生きることが、自分の幸せ』

とてもシンプルなのに、それを実践することは容易いことではありません。

 

世間の目や他人の言うことが気になり、自分にブレーキをかけてしまって

そんなことを繰り返すうちに、いつしか自分自身を見失ってしまうのでしょう。

 

自分のやりたいこと、心が求めることに、いつも正直でいたいものですよね。

 

素敵なお便りをありがとうございました。

 

これから受け取られるであろう素晴らしい出来事も、

このクリスタルとともに分かち合ってくださいますように・・・

 

 

 

 

 

 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM