昨日の蠍座の満月。


キーワードのひとつに『ソウルメイト』を持つだけあって、たくさんのご縁ある方々と繋がることができました。


これまで満月の夜にエネルギーヒーリングで繋がって下さっていた方と、今度はクリスタルを通じてふたたび繋がることができたり…


ご自分が持ち主となるクリスタルを引き寄せた方たちからは、オーダーの依頼をお受けしたり…


もうひとつのミラクルは、美しいお月さまの姿を見ることができたことです。


日中は晴れ間もあったというのに、夕方からはなんたが怪しい雲行きに…

まめのお散歩に行く頃には、小さな雫が空から落ちてきました。


たとえその姿を見ることはできなくても、満月のエネルギーはちゃんと降り注がれるのですが、

せっかくなのですから、美しいお月さまの姿を見たいですよね。


そんな願いが届いたのか、窓辺で月光浴の準備をしていると、なんと!夜空にはお月さまの姿が!


琥珀色に輝くお月さまはとても優しく…

マスタークリスタルを抱くと、涙が溢れてきました。


それはしあわせな気持ちや感謝の想い、目に見えないものたちへの敬服、シンクロニシティの実感など、

さまざまな想いが混じりあい、それらが心でいっぱいになって、涙となって溢れてきました。


ほんとうにすばらしい満月のひとときでした。


さて、これからクリスタルたちを送り出す準備を始めようと思います。


クリスタルたちの目的地は日本各地で、便への搭乗も込み合っているため、

少しお待ちいただくことになるかも知れません。


クリスタルが無事にお手元に到着するまで、今しばらくお待ちいただければ幸いです。


クリスタルを通じて繋がれたご縁に

心から感謝






わたし、クリスタルが好きでほんとうによかったと思いました。

その大好きなクリスタルたちに、ワイヤーにせよマクラメにせよ、

素敵なドレスを作りたいと思ったことを、ほんとうによかったと思いました。

 

なぜって、ドレスアップしたクリスタルを通じて、ご縁ある方に繋がれるからです。

 

満月の日にアップしたクリスタルたちは、瞬く間にご縁ある方々の目にとまり、

今は静かに旅立ちの準備を進めているところです。

 

その中に、もう何年も前にお会いした後、この日まで連絡を取ることがなかった方がいます。

正直、遠く離れた場所にいらっしゃるので、もう繋がることはないだろうと思っていました。

 

新作をアップしてから、わずか30分ほどでご注文をくださったのですが、

懐かしいお名前を見つけて、とってもとってもうれしくなりました。

 

もしこのクリスタルがいなければ、ふたたび繋がることはなかったかも知れません。

 

その後もそのような方たちが続き、懐かしいお名前を見つけるたびに、

感謝の気持ちでいっぱいになって、うれしくってうれしくって涙が出ました(笑)

 

ほんとにクリスタルが好きでよかったなぁと。

クリスタルを通じて、わたしはこうやってご縁を紡いでいくのだと・・・

 

 

そうそう、満月の日にクリスタルたちを月光浴させていたときのこと。

 

この日は朝からずっと雨が降っていて、夜遅くになってから止んだものの、

空は厚い雲に覆われていて、お月さまの姿を見ることはできませんでした。

 

雨が降っていても曇っていても、月から降り注ぐエネルギーな何ら変わりはないのですが

せっかくなので、クリスタルたちを月の光に当ててあげたいなぁと思っていました。

 

窓辺に置いてしばらくすると・・・

なんと!

あんなに厚い雲に覆われていたというのに、雲が切れて夜空にお月さまが姿を現し、

その優しい光がたっぷりとクリスタルたちに降り注がれていたのです。

 

お月さまからも素敵なプレゼントをいただいたなぁと、またまたうれしくなりました。

 

 

もうほとんどのクリスタルたちが旅立ちの準備を始めているのですが、

ひとつのクリスタルが、その持ち主となる方を待っています。

 

実を言いますと、このクリスタルが一番最初に旅立つと思っていたのですが(笑)

まだ持ち主さまに気付いてもらえていないようですね。

 

 

あなたのことを待っているかも知れません。

心にピン!ときたら、ぜひネットショップで確かめてあげてくださいね。

 

 

ネットショップはこちらです ⇒ Crystal Woods

 

 

 

少し前のこと、仕事先の先輩からふたつのクリスタルを託されました。

亡くなったお母さまが大事に持っていらしたというそのクリスタルは、

お父さまが海外旅行に行かれた時にお土産として買ってこられたそうです。

 

実家の片付けに訪れたとき偶然に見つけたそうで、石だけではどうしようもないので、

このクリスタルたちに素敵なドレスを作ってほしいと依頼を受けました。

 

お預かりしたのは、透明感が美しいラベンダーアメジストとグリーンが印象的な翡翠。

 

アメジストの方はある程度の大きさがあったので、久々にワイヤーで巻いてみることに。

 

 

出来上がりの画像を送ると、涙を流して喜んでもらえました。

名古屋におられるお姉さまも、とても喜んでおられたそうです。

 

ラベンダーアメジストのドレスは出来上がったのですが、問題は翡翠の方でした。

お預かりした翡翠はとてもとても小さくて、ワイヤーではどうしても巻けないのです。

 

タイミングよく、憧れの作家さんのワークショップに参加したところだったので

思い切ってマクラメドレスを仕立てることにしました。

 

この時点で、マクラメ編みを始めてからまだ2ヶ月しか経っていなかったし、

身に着けてもらえるほどのものが出来上がるのか、まったく自信がありませんでした。

 

 

グリーンの補色であるレッドの紐をチョイスし、出来上がったマクラメドレス。

こちらの方もとても喜んでもらえました。

 

先日、このふたつのクリスタルとともに名古屋のお姉さまに会いに行ったそうです。

ワイヤードレスよりもマクラメドレスの方が好評で、取り合いになったそう(笑)

 

お母さまが大切に持っておられたふたつのクリスタル。

それぞれにドレスをまとい、仲の良い姉妹の胸元でふたたび輝きを取り戻しました。

 

まさにこれがわたしのやりたいことなのです。

ドレスを仕立て、大切なクリスタルをいつも身に着けていてほしいから。

 

事前に先輩から材料費はいただいていたというのに、

それでは気が済まない!と、お姉さまから名古屋名物の海老せんをいただきました。

その上、また素敵なものを作ってほしいと材料費までいただいてしまいました。

 

自分の作ったもので笑顔が生まれたことが、ほんとうにうれしくって。

 

もっともっと、そんな笑顔にたくさん出会えるように、

もっともっと、自分の技術を磨いて素敵なドレスを仕立てられるようになりたい。

 

がんばります✩

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM