ここ数日はあたたかい日が続いていますスマイル

 

降り注ぐ陽ざしは冬のそれとは明らかに違っていて、春の足音が近づいてきました。

まめとのお散歩道で出会う桜の木も、蕾が少しとふっくらとしています。

 

待ちに待った季節が間もなくやってきます桜

 

さて、週末にまとまった時間が取れたので、ぽちぽちと制作を始めています。

来週あたりにはいくつかをアップできそうですスマイル

 

 

紺碧の海のような輝きを放つラブラドライト。

 

 

ブルームーンストーンとラブラドライトのコンビネーションペンダント。

 

とっても綺麗なクリスタルたちなのに、相変わらず写真撮影が下手です汗

 

これではクリスタルたちの魅力を十分に伝えることができないし、

写真は、クリスタルと持ち主さまとのご縁を繋ぐ唯一のツールでもあるので、

今後は撮影の手法も勉強していきたいと思っています。

 

しばらくは見づらい&わかりづらい写真で申し訳ありませんが、

クリスタルたちが発するサインを心で受け取っていただければ幸いです。

 

 

ネットショップはこちらです ⇒ Crystal Woods

 

 

 

昨日はいつもお世話になっているクリスタルショップへ、

お願いしていたクリスタルたちをお迎えに行ってきました。

 

お願いしていたクリスタルとは、ポイント型の水晶たちのこと。

 

そもそも水晶は、純粋と浄化を象徴する万能パワーストーンであり、

太古の昔から、世界中の人々に親しまれてきたクリスタルのひとつです。

パワーストーンのことはよくわからない!という方でも、一度は目にしたことがあるはず。

身近な存在であると同時に、祈祷や儀式など神聖な場所でも用いられ、

病気治療の際にも用いられたと伝えられています。

 

わたしも知らなかったことなのですが、水晶は日本を代表する”国石”でもあるそうです。

古くは『水精』と呼び、精霊が宿る霊石として、神聖な儀式などに用いられたそうですよ。

 

また、水晶にはさまざまな形のものがあり、その中に”ポイント”と呼ばれるものがあります。

先端に向かって細長い形となり、六角の柱のような形をしているものです。

 

水晶は先端に向かってパワーやエネルギーが集中していくという特徴があるため、

その形状は、水晶が本来持っている力をより効果的に引き出してくる理想的な形です。

 

ポイント型の水晶は、まさにお守りとして身に着けていただくのにふさわしいクリスタル。

 

でもポイント型の水晶って、お部屋に飾ったり、ポーチに入れて持ち歩くことはできても、

アクセサリーとして身に着けることって、なかなか難しいですよね?

 

そこで、どうしても習得したかったのが、水晶ポイントのためのマクラメドレスでした。

 

でも、このドレスを身にまとうことができる水晶ポイントは、さらに形が限られてしまい、

あちこち探し回っても、なかなか見つけることができず…

 

いつもお世話になっているクリスタルショップのオーナー、じゅんさんにお願いして、

たくさんあるクリスタルの中から、このドレスが似合う水晶たちを探してただいたのです。

 

ご用意してくださった水晶たちは、どれもが素晴らしいものでした。

 

産地はすべて、ブラジルのミナスジェライス州のもの。

カブラル山脈で採れたレムリアンシードや、ディアマンティーナ産のカテドラル水晶たち。

レムリアンシードにいたっては、ピンクがかったピンクレムリアンシードであったり、

カテドラルの中には、ブラックトルマリンが内包されたものや、虹が見えるものもあります。

なんと、ウインドウのあるものまでありました。

 

わたしはもともと、クリスタルの産地にはこだわらない方なのですが、

ご用意していただいた水晶たちはどれもがパワーが強くて、心が洗われるようでした。

 

不思議と”石酔い”はしなかったです。

浄化のパワーも強く、きっと、とても賢いクリスタルたちなのでしょう。

わたしのエネルギーに合わせてくれたのだと思います。

 

とっても前置きが長くなってしまいましたが、

この水晶たちとまだ見ぬ持ち主さまとを引き合わせるため、

ひとつひとつ心を込めて、マクラメドレスを仕立てていきたいと思っています。

 

納得のいくものが仕立て上がるまで、時間はかかってしまうかも知れません。

でも、わたしのライフワークの一部としてやり遂げたいと思っています。

 

なんだか大げさな話になっていますね(笑)

 

でも、わたしのブログを読んでくださっている方の中に、

この水晶たちが待ち焦がれている持ち主さまがいるのではないかと思うと、

ソウルメイトに出会うような、そんなドキドキの感情がわたしのハートに満ちてくるのです。

 

 

 

 

 

週末はマクラメ編みのワークショップに参加してきました。

 

ふたつのクリスタルを連結して、ひとつのペンダントトップに仕上げるのですが、

”クリスタルをふたつ使用する”というのは、ワイヤーでは作ったことがありませんでした。

 

ふたつのクリスタル同士が協力し合い、持ち主さまをよりしっかりとサポートできるので、

その構成や技術は必ず習得したいと思っていたのです。

 

実際にやってみると、ひとつひとつの作業がとても細かくて大変でしたがっかり

ふたつのクリスタルを使用するということは、ふたつ分を編むということなので、

当然、時間も倍かかりますし、均等になるよう注意も払わなくてはいけません。

 

たっぷりと7時間かかって、やっと編み上がったときは、ものすごい達成感でした(笑)

おかげさまで首と肩はぱんぱん、目もしょぼしょぼになるくらい疲れましたが…

 

 

出来上がった作品がこちらです。

 

レインボームーンストーンとラピスラズリの組み合わせ。

ゴージャスな見た目とは裏腹に、着けてみると不思議としっくり馴染みましたスマイル

 

次はネットショップでの販売用にとして、自分なりのアレンジを加えて作ろうと思います。

 

 

なかなか掲載商品を増やすことができていませんが…

ネットショップはこちらです ⇒ Crystal Woods

 

 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM