タイトルにもありますが、今日は何の日かご存知ですか?

なんと80年前の今日は、柴犬が国の天然記念物に指定された日なのです!柴犬

 

我が家にもいらっしゃいますよ〜スマイル 天然記念物さんが(笑)

 

こんな日なので、まめの血統証をもう一度見てみることにしました。

 

 

まめは奈良県の生まれで、血統証上の名前はなんと”銀宝号”!

かっこいい素敵な名前をブリーダーさんからもらっていたんですね。

 

この血統証が届いたのは、まめがやって来てからずいぶん後だったのですが、

まめという名前は、ペットショップで出会ったときからすでにそうと決まっていました。

でもたまに”銀さん”って呼んでみようかな(笑)

 

個人的には”尾型:巻”がツボですスマイル

 

 

春に桜の木の下で撮ったフォト。

やっぱり日本犬は桜がとってもよく似合いますね。

 

まめにはこれからも、健やかに元気でいてほしいと思います。

 

桜が咲いたら、また一緒に見に行こうね桜

 

 

 

昨夜は大阪・築港赤レンガ倉庫内にあるレストランで

ちょっぴり早いクリスマスディナーをいただいてきましたクリスマス

 

だんなさんがサプライズで予約してくれていたのですが、メインはステーキ。

わたしはあまりお肉が得意ではないので、最初は戸惑いもあったのですが…

 

 

レストランはとっても素敵な雰囲気の赤レンガ倉庫内にあります。

こちらの倉庫内にはクラシックカー博物館もあり、往年の高級車が展示されていました。

 

 

クリスマスツリーがとても綺麗キラキラ

昨夜はちょうど満月でもあり、青白く輝くお月さまもツリーに負けてはいません(笑)

 

 

前菜としていただいたのは、栄養価が高いとされるロメインレタスのシーザーサラダ。

程よい厚さと歯ごたえがあり、とーっても美味しかったですスマイル

 

 

タラの白子を使ったコンソメスープ。

コンソメスープと言うとなんとなく塩辛いイメージがあったのですが、

こちらのスープはまったくそんなことがなくって、素材の味が活きていました。

 

 

メインのお肉はフィレミニヨン。

赤みのお肉なのに、お箸で切れるんじゃないかと思えるほどの柔らかさ。

 

コナラ、クヌギ、カシ、アベマキを使って焼き上げられているそうで、

そのままで食べてみると、それらのほんのりとしたいい香りが…

お肉が苦手なわたしなのに、ほとんど何もつけずトリュフ塩のみでいただけました。

 

デザートはウェイターさんがテーブルの横でチェリージュビレを作ってくれました。

 

初めてみるパフォーマンスに釘づけになった上、出来上がったジュビレに心を奪われ、

写真どころではありませんでした(笑)

 

冷たいアイスクリームに温かいソースがとろーりとかかって、まさに絶品!

メインよりもデザートの方が美味しかったかも(笑)

 

 

ちょっぴり早いクリスマスディナー。

かなり贅沢なものとなったけど、とっても美味しくって素敵な経験ができましたハート

素敵な時間をプレゼントしてくれただんなさんに感謝ですスマイル

 

 

少し前のこと、仕事先の先輩からふたつのクリスタルを託されました。

亡くなったお母さまが大事に持っていらしたというそのクリスタルは、

お父さまが海外旅行に行かれた時にお土産として買ってこられたそうです。

 

実家の片付けに訪れたとき偶然に見つけたそうで、石だけではどうしようもないので、

このクリスタルたちに素敵なドレスを作ってほしいと依頼を受けました。

 

お預かりしたのは、透明感が美しいラベンダーアメジストとグリーンが印象的な翡翠。

 

アメジストの方はある程度の大きさがあったので、久々にワイヤーで巻いてみることに。

 

 

出来上がりの画像を送ると、涙を流して喜んでもらえました。

名古屋におられるお姉さまも、とても喜んでおられたそうです。

 

ラベンダーアメジストのドレスは出来上がったのですが、問題は翡翠の方でした。

お預かりした翡翠はとてもとても小さくて、ワイヤーではどうしても巻けないのです。

 

タイミングよく、憧れの作家さんのワークショップに参加したところだったので

思い切ってマクラメドレスを仕立てることにしました。

 

この時点で、マクラメ編みを始めてからまだ2ヶ月しか経っていなかったし、

身に着けてもらえるほどのものが出来上がるのか、まったく自信がありませんでした。

 

 

グリーンの補色であるレッドの紐をチョイスし、出来上がったマクラメドレス。

こちらの方もとても喜んでもらえました。

 

先日、このふたつのクリスタルとともに名古屋のお姉さまに会いに行ったそうです。

ワイヤードレスよりもマクラメドレスの方が好評で、取り合いになったそう(笑)

 

お母さまが大切に持っておられたふたつのクリスタル。

それぞれにドレスをまとい、仲の良い姉妹の胸元でふたたび輝きを取り戻しました。

 

まさにこれがわたしのやりたいことなのです。

ドレスを仕立て、大切なクリスタルをいつも身に着けていてほしいから。

 

事前に先輩から材料費はいただいていたというのに、

それでは気が済まない!と、お姉さまから名古屋名物の海老せんをいただきました。

その上、また素敵なものを作ってほしいと材料費までいただいてしまいました。

 

自分の作ったもので笑顔が生まれたことが、ほんとうにうれしくって。

 

もっともっと、そんな笑顔にたくさん出会えるように、

もっともっと、自分の技術を磨いて素敵なドレスを仕立てられるようになりたい。

 

がんばります✩

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM