マクラメ編みを始めて間もない頃、友人がひとつのジュエリーを迎え入れてくれました。

深いグリーンが印象的なマラカイトのペンダント。

ドレスがというよりは、このクリスタルにとても心惹かれたそうです。

 

マラカイトと言えば、大天使ラファエルに繋がるクリスタル。

ラファエルという名前には「神は癒された」「天の医者」という意味があり、

いわば天使界のヒーラーとも言える存在です。

 

以前に仕立てたドレスが、今のわたしからはとても違和感を感じたので、

思い切って仕立て直すことにしました。

友人も快くOKしてくれたので、しばらくの間お預かりすることに…

 

雨の日も風の日も眠るときも、いつも身に着けてくれていたそうです。

なので、早く仕上げたかったのですが、どういうわけかまったく納得のいくものが編めず…

頭の中にはちゃんとしたイメージが出来上がっているのに、それを具現化できないのです。

 

友人に、もうしばらく時間がほしいことを伝えると…

「ゆっくりでいいよ!納得のいくまで編んであげて。きっと彼女は”里帰り”してるんやわ。

 わたしに癒しを与えすぎて休養が必要なんやわ。

 納得のいくものが編みにくいのは、そのせいかもよ?」と。

 

そうか、そうなのかも知れないな。

わたしもスギさんを1か月もほったらかしにしてたもんな(笑)

ゆっくりと、納得のいくドレスを仕立てようと思いました。

 

それからわずか数日後、あんなに停滞していたというのに急にサクサクと制作が進み…

ようやく新しいドレスが出来上がりました!

 

 

マラカイト自身も、ずっと一緒にいたご主人さまのことが気になって仕方がなかったのかも。

早く帰りたくて、なかなか作業が進まないわたしに力を貸してくれたのかも知れません。

 

これからもふたりで仲良く、笑顔いっぱいの毎日を過ごしてくださいねスマイル

 

 

昨日のワークショップで制作した、レムリアンシードのマクラメドレス。

今日は首紐部分を編んで、これでやっと身に着けることができるようになりましたスマイル

 

DSC_0791.JPGDSC_0793.JPG

 

首からかけてみると、なかなか良い感じハート

ある程度の大きさもあるので、存在感もあります。

 

クリスタル全体を編み込んでいないので、表面のレムリアンリッジをなぞることもできるし、

光があたるとキラキラと輝いて、とってもうれしくてしあわせな気持ちになりますハッピー

 

スギさん共々、これからわたしのことをしっかりとサポートしてくれそうです。

 

 

 

ピン!とくるクリスタルたちを集めて、試行錯誤しながらのマクラメジュエリーの制作。

ここ最近は作ることが楽しくってしかたがありませんスマイル

 

これまで制作してきたワイヤージュエリーとは違った面白さがあり、ワイヤーでは

巻けなかった形のものや、表現できなかったデザインにチャレンジしています。

 

 

まず最初にクリスタルを選ぶところから始め、そのクリスタルに合うデザインを考えて、

これまでは友人やお世話になった方々へのプレゼントとして制作してきました。

 

そのままの姿も、もちろん美しいのですが、マクラメドレスをまとったクリスタルは

より一層輝いて見え、また、ドレスをまとうことにより身に着けることが可能になります。

そうやって、その方とご縁あるクリスタルを引き合わせるのがわたしの喜びなのです。

 

そんなふうに制作してきたマクラメジュエリーですが、今度は販売という形をとって、

クリスタルと、最初から決まっているというその持ち主さまとを引き合わせたいと思います。

 

DSC_0783.JPGDSC_0778.JPG

 

DSC_0773.JPGDSC_0775.JPG

 

少し先になるかも知れませんが、準備が整い次第、ご案内させていただきますね。

それまでもう少し、作品の数も増やしたいと思っています。

 

今、わたしの手元にあるクリスタルたち。

その持ち主さまはどんな方なのだろう?と思いを巡らしながら、制作に取り組んでいます。

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM