平成に入ってから一番という寒波の影響で、今朝の冷え込みも厳しかったですね。

さいたま市では氷点下10℃に迫る最低気温を記録したとか…


夕方、仕事が終わってビルの外に出ると、大阪市内でも雪が舞っていました。

この寒さが原因なのか、首から肩にかけてのハリと痛みが強く、先ほどまでひどい頭痛…


インフルエンザも流行ってきていますよね。

寒さや風邪対策とともに、体調管理には万全の注意を払いたいものです。



さて、早いもので2018年最初の月もあと5日ほどとなりました。


次回はひと月のうちで2回目を迎える満月。

この満月をブルームーンと呼びますが、なんと皆既月食とも重なるそうですよ。


しおりんからの月読みも届いておりますので、また改めてご紹介しますね。


そんなブルームーンに間に合うかと、空いた時間を見つけて制作に取り組んでいます。


今回は、水晶ポイントとちいさなクリスタルを組み合わせたネックレス。


実はこのデザインこそが、わたしがマクラメを始めるきっかけになったものなんです。


チャレンジしてみるものの、これまでなかなかイメージ通りのものにならなくて、

一年半かかってようやくここまで辿り着いたという感じです。


31日のアップに間に合うように準備を進めていますので、またWebショップをご覧いただけるとうれしいです。


明日も寒さは続くようですので、皆さんも体調管理には十分ご注意くださいね。



*Webショップ* Crystal Woods




数年に一度という大寒波の影響で、厳しい寒さが続いています。


この寒さの中、8年間一緒にいてくれた大切な家族が旅立ちました。

デグーマウスのまつ。

人間に例えると、90歳という高齢のおじいちゃんでした。


一週間ほど前からごはんを食べなくなり、大好きなビスケットはねだるものの、

与えても手に持ったまま食べようとはしませんでした。


それでも呼びかけると、弱々しくも「ぴーぴー」と可愛らしい鳴き声で応えてくれて、

一生懸命に生きていることを伝えているようでした。


ついにはお水すら飲まなくなり、そんな状態が続いた4日目の朝、静かに旅立ちました。


最期はとても痩せ細ってはいたけれど、まるで眠っているかのように安らかでした。


思い返せば、まつとの思い出はたくさんあります。


よく脱走もしたし、回し車をカタカタと元気に回していました。

まめと同じようにビスケットをねだり、可愛らしい仕草でいっぱい楽しませてくれました。


もうあのカタカタは聞こえてきません…



あちらには先代のちよ丸もいるので、今頃は仲良く一緒に走り回っていると思います。


今はとても寂しいけど、まつにはたくさんのありがとうを伝えたいです。


まつ、ありがとう






先日、月に一度のメンテナンスでsoraさんを訪れたときのこと。

院長の梶先生が、参加されたビジネスセミナーのことをお話してくれました。

 

なんでも自分の”名前”には、

今世での使命ややるべきことのヒントが隠されているとのこと。

 

そこで、自分の名前についてじっくり考えてみることにしました。

 

わたしの名前は「麻紀」です。

この麻紀の”ま”を、母は真実の”真”が良いと言ったのに対し、

父は”麻”が良いと言ったそうなのです。

 

”麻”は繊維の一種で、Wikipediaによるとその用途は多岐に渡り、

神道の宝物箱を封じる紐として使われたり、注連縄や横綱の化粧まわし、

弓道の弓の弦、古典芸能の楽器にも使用されているそうです。

特に日本においては、神道との繋がりも深かったようです。

 

わたしにとっての”麻”は、麻糸からも連想できるように”繋ぐ・結わえる”もの。

今こうやって、クリスタルとマクラメ編みでアクセサリーを作っているのも、

この名前があったからこそなのかも知れません。

 

もし”麻”ではなく”真”だったら、何か他のことをしていたかも知れませんよね。

 

”紀”は、すじみちやきまり、年代を表します。

確かに、マクラメ編みは編み方の法則というか”きまり”がありますし、

クリスタルは、ひとつの結晶が出来上がるまでには多くの年代(月日)を要します。

 

わたしの旧姓は「水谷」、いまは「米谷」です。

クリスタルが採掘されるところには谷があり、水が流れているところもあります。

 

”米”は八十八、”8”はメビウスの輪、輪廻転生や永遠をイメージしますよね。

クリスタルは地球が存在する限り、結晶することを止めないそうです。

地球が存在する限り、クリスタルの命もまた永遠なのです。

 

そんなふうに考えていくと、わたしの名前は、

自分が好きで一生懸命に取り組んでいることを見事に物語っていました(笑)

 

クリスタルと結ぶ(編む)こと。

それはわたしの喜びであると同時に、やるべきことなのだと確信できました。

 

そして父がこだわった”麻”という名前を、これからもずっと大切にしていきたいです。

 

 

一度皆さんも、ご自身の名前とじっくり向き合ってみてはどうでしょうか?

そこには今世で果たすべき使命や、しあわせへのヒントが隠されているかも知れません。

 

 

 

 

✽Webショップ✽ Crystal Woods

✽Instagram✽ https://www.instagram.com/crystal_woods_macrame/

 

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM